Blog

カリフォルニア大麻産業統計

2018年12月21日 2018年に大麻を規制緩和した国と地域について。1月1日の米国カリフォルニア州(嗜好用)に始まり、12月21日の米国農業法改正(産業用)まで。 4月13日 ・・米国アラスカ州・・ 産業用大麻を合法化(〇1998年医療用、〇2014年嗜好用) 2018年4月5日 合法大麻関連産業の求人票、2017年に445%も急増 求人情報サイトZipRecruiterの調査によると、米国 またIBIS Worldの統計では、今年より大麻使用が合法化されたカリフォルニア州では、2018年には51億ドル、日本円にして5560億円  【マリファナ合法化】アメリカで関連ビジネスが急成長してい … 合法的なマリファナ(大麻)関連のビジネスが、アメリカで最も急速に成長しつつある産業だというレポートが、マリファナ産業への投資と調査 大麻解禁で税収1千億円へ カリフォルニア州、11月に住民投票 | … 米カリフォルニア州ホーソン市の元市長、クリス・ブラウンは大麻からの税収を見込む小都市と、大麻産業をつなぐ役割を果たそうとしている。カリフォルニア州では今年11月8日、大統領選挙と同時に嗜好大麻の解禁に向けた住民投票が行なわれる。そこには大き 大麻全面合法化のカリフォルニアで、今何が? マリファナを合体 …

カリフォルニア州の観光産業の動向について 平成24年1月10日 サンフランシスコ産業情報センター 駐在員 佐藤 賢児 昨年12月に、観光分野を専門とするコンサルティング企業のツーリズム・エコノミクス

産業用大麻って何に使うの?幻覚作用のあるマリファナとの違い … 鳥取県で産業用大麻を栽培していた業者が 大麻取締法違反により逮捕される事件がありました。 大麻と言えば、思いつくのは幻覚作用のある葉っぱですが、 この「産業用大麻」とは一体どんなものなのか? カリフォルニア州、住民投票で大麻合法化 全米4州目 米カリフォルニア州で8日、娯楽用大麻(マリフアナ)の所有・使用を合法化する法案が住民投票で承認された。

市場調査レポート | アメリカの大麻(マリファナ)市場2015-2019

カリフォルニアにはアメリカ映画産業の中心であるハリウッドがあり、これまで映画スターのイメージで流行を作り、海浜に住むサーファーのようにステレオタイプの生活様式を生み出してきた。. ハリウッドは20世紀初期以来世界中の文化に大きな影響を与えてきた。 カリフォルニアで大麻解禁、、、カリフォルニア州で大麻(マリ カリフォルニアで大麻解禁、、、カリフォルニア州で大麻(マリファナ)が解禁になりましたが、連邦(国)法では以前として違法だそうです。意味が分かりません。 合衆国だからですあそこは国の連合体なんで … カリフォルニアで大麻合法化を認めるかどうかの住民投票があっ … カリフォルニアで大麻合法化を認めるかどうかの住民投票があったという報道に驚いた。否決されたが、賛成票が45%という結果は、そのうちアメリカでは徐々に合法化が進むかもしれないと思わせる。 日本の現状では全 ロサンゼルス滞在レポート。カリフォリニア州で大麻合法化、現 …

大麻産業の下流効果!「カリフォルニア産コーヒー」ができるまで・・・“特殊な環境で鍛えた耐寒バナナ”なら、千葉あたりでも栽培ができるらしい! クリップ追加

カリフォルニアで大麻合法化を認めるかどうかの住民投票があったという報道に驚いた。否決されたが、賛成票が45%という結果は、そのうちアメリカでは徐々に合法化が進むかもしれないと思わせる。 日本の現状では全 ロサンゼルス滞在レポート。カリフォリニア州で大麻合法化、現 … カリフォリニア州で大麻の解禁、ロサンゼルスは同州で最も大麻に積極的な地域に カリフォルニア州ではコロラド、オレゴン、ネバダ州についで、成人(21才以上)向け嗜好品としての大麻の販売が正式に合法化されました。 【スクープ】カリフォルニア山火事の影にメキシコ麻薬密売組織 … 国土安全保障省を含む捜査当局および合法的大麻事業の主要人物らは、火災で最も被害を受けた地域は、カリフォルニアの大麻産業界が合法的に大麻を栽培している場所であることにすぐに気づいた。そして現在、一同は犯罪行為の疑いをかけ始めている。